http://www.dispatch.co.kr/541313

芸能大衆紙



[単独] “バンド、トイレ、そして習慣”…パク・ユチョン、性醜聞の本質



[Dispatch=イム・クンホ記者]



Eさん. 彼女は5人目の女性だ。

今まで4人の女性が登場した。 Aさんは告訴をしたし、取り下げた。 Bさんは去年112に申告したし、今告訴を進行中だ。 CさんとDさんもそれぞれ性暴行を主張している。

そしてEさん.

彼女はテンカフェで仕事をした。 当時、パク・ユチョンをお客さんとして会った。 そして当時、性暴行にあうところだった。 しかし当時、Eさんは申告をしてはいない。

“誰が酒場にいる女性の話をそのまま信じますか?”

Eさんの一方的な主張でないか。 ‘ディスパッチ’はEさんと友達がしたカトクを直接確認した。 XX年XX月XXである、夜明けにやり取りした文字であった。


Eさんと彼の友達は秘密がないサイダー. Eさんはその日明け方(カトクで)パク・ユチョンがお客さんにきたという文字を送った。 そうするうちにしばらく後トイレで当てられたことをさらけ出した。

“バンドが入ってきました。 音楽をかけましたし。 パク・ユチョンがトイレと呼びました。 (中間省略). そして強制的に関係を持とうとしました。”

一種のもめごとが起きた。 明らかにEさんが願わない状況. Eさんは最後まで拒否した。 そんなに何分後にそちらから抜け出て外に出ることができた。

当時Eさんが感じたことは、一種の恐怖感だった。 トイレは、誰にでも最も隠密な場所だ。 だが、反対に、また、誰には誰も助けない空間でもある。

Eさんはルームの外に出てきて友達に文字を送った。 災いをこらえられなかった。 しかし災いをこらえなければならなかった。 横になって唾を吐くことだと考えたのだ。

“申告をすると解決されましょうか? 皆、私をののしるでしょう。 いや誰も信じないでしょう。 酒場に勤める女がなんだ、強姦かと…. そのような視線が恐ろしかったです。”

Eさんは相変らず告訴するつもりがない。

‘ディスパッチ’はパク・ユチョン事件を追加で取材した。 4人以上のルームカフェ従事者に会った。 全部パク・ユチョンを顧客で受けた人々だ。

彼らはパク・ユチョンを印象的と記憶した。 音楽、特にヒップホップが好きで、チップを惜しみなくばら撒いて、酒代をすがすがしく計算する顧客というもの。

ここにもう一つ。 彼らが記憶する共通点はまたあった。 すぐに▲ <バンド>きて▲ <トイレ>だった。

F・Gさんが話した。

“バンドが始まる時、トイレに行きましたよ。 パートナーを連れてよ。 トイレでおきることは分からないです。 バンドの声のために聞こえないですね。”

FとGさんはテンカフェで仕事をする女性だ。 彼らは自身の目撃談をそのまま伝えた。


パク・ユチョンのパターンは似ていた。 バンドが入ってきて、歌が鳴れば、トイレに行く。 この時、パートナーを(トイレで)呼ぶ。 ただ、その中でおきることは誰も分からない。

“パク・ユチョンが(トイレで)入って、一行は笑いましたよ。 彼らは(その中で)どんなことが起きるのか分かるようです。 私たちは推察だけするだけ、分かりません。”



F・Gさんにパク・ユチョン論議を尋ねた。 返事は似ていた。 パク・ユチョンはお客さんというもの、そして先んじた女性たちは酒場従事者というもの。 いわゆる、身分(?)ウイ限界だ。

これらは性暴行有無に対しては言葉を慎んだ。 明らかに、げんこつを振り回してはいないためだ。 それならすべての関係は自発的であろうか? この部分では首を横に振った。

“もちろんどんな姉さんは好んでするでしょう。 だが、明らかにでない姉さんもいるでしょう。 それでもけって出てくることは大変でしょう。 この仕事をするからです。 色々気を使うでしょう。”




従事者Hさんはこれを‘恐怖感’という(のは)言葉で説明した。 誰が助けるのか、誰が信じるのか、誰が理解してあげるのか…. それであきらめる場合もあると話した

Hさんは‘ディスパッチ’に“トイレの外には一行が座っている。 威圧感は明確に存在する”としながら“暴行に対する恐ろしさでない保護されないことという恐れだ”と伝えた。

もし、関係を取り払って出てきたとすれば? その時の‘恐怖’は似ているという説明だ。

“ほとんどの皮肉るでしょう。 告訴ですか? 美人局で追い立てないでしょうか? 金を儲けに出てきた主題(?)エ何の概念かというでしょう。 それで私は(申告などの)敢えてできないと思います。”

これはAさんが告訴を取り下げた理由と似ている。

‘ディスパッチ’はAさんの側近が周辺と分けたSNSメッセージ一部を入手した。

“事件の証人といってみてもルーム中に10人だけだ。 戦ってみてこそ身上だけ(はたかれる)奪われて良いことないと考えた。” (カトク対話中)

パク・ユチョン事件は進行中だ。 A,B,C,Dさんはトイレで性暴行にあったと主張した。 現在Aさんだけ“強制性はなかった”と言葉を変えた状態だ。

A,B,C,Dさんは美人局に追い込まれている。 もちろんそうすることも、違うこともできる。

ただし、彼らが自身の主張を証明する方法はきわめて制限的という事実. 夜に出て行くということ、業者で仕事をするということ、それで容易な女という先入観が困難に陥っている。





最後に、Iさんの話だ。 彼はルームサロンで幹部で仕事をしている。 Iさんは‘習慣’という言い出した。 もしかしたら、問題意識がないこともあるという分析だ。

“テンプロナテンカペは基本的に2次がありません。 売春が禁止です。 お嬢さんをそそのかして(?) 解決するという…. その面白味で探すお客さんもいます。”

Eさんはルームサロン トイレで当てられるところだった。 FとGさんはパク・ユチョンのまた他のトイレ行きを目撃した。 全部今回の事件と他の日に起きた仕事だ。

“パク・ユチョンが運が悪くて(美人局に)かかりましたって? 一種の習慣ではないでしょうか? その間多くの試みがあったし、結果もあったでしょう。 そうするうちにA,B,C,Dなども会ったのです。”




‘美人局’が登場して、‘組織暴力’が現れて、‘5億説’が出回った。 反面、彼らが先に‘補償’を論じたし、‘お父さん'(ペギョンも・前ヤンウンイ派幹部)を前に出したことは隠している。

パク・ユチョン論議はいつのまにかバン外ゲームに広まった。 パク・ユチョンは新しいフレームの中で‘被害者’に化けた。 (商売女に) ‘当てられた’という同情論を受けている。

だが、パク・ユチョンに威嚇にあっても申告しなかった女性もいる。

結局口実を提供したのは、パク・ユチョン彼自身だ。 彼がルームサロンで当然ここは習慣…. 今まで水面上にあらわれなかっただけだ。


기사입력/수정 : 2016-06-28 06:35 오후



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by