リンクにも貼ってありますが
敬愛するブログ様で扱われてましたので、ご紹介しますね。

シンシアリーのブログ 「見方」
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12174211024.html




見方



2016-06-25 13:15:00
テーマ:雑記




人気グループのメンバーのP氏に対し、連続で4人の女声が性暴力を受けたと告訴した事件。



韓国の、特に芸能関連で、大きなニュースとなりました。









このニュースで世間が注目したことは、以下のような見方でした。



いまは兵役中(現役兵ではなく、公益勤務要員という身分になります)なのに、一体何をしているのだという、慢性的な「芸能人もちゃんと兵役を済ませろ」の見方、



芸能人スキャンダルとして大いに話題を作る、いわゆる「大騒ぎを楽しむ(お祭り?)」としての見方、



この件でもっと大事なニュースを隠すつもりではないのか、何か別の目的でこの件を大げさにしてないかという「陰謀論」。




ですが、ソース記事も指摘していますが、そこに「女性4人が連続で性暴行された」を問題視する人はいまでんでした。







事件が発生したのは、「遊興業所」です。




外から見ると「酒を飲む、女性と遊ぶ」程度ですが、実はそこで出会った女性と性関係を持つことがほぼ確実であり、韓国では「売春施設」、「風俗施設」、そんな扱いです。








大勢の人々が、被害者の女性たちをこう見ています。



「遊興業所で女に何をしてもいいだろう」、「遊興業所で性犯罪のが成立するはずがない。もともとそういうところだろう」・・



いわば、有名芸能人が起こしたことを世間が「楽しんで」いるだけで、事件そのものを問題視する指摘が存在しないのです。



特に、女性と関係を持つ前に代金を払って、その後「性関係」ではなく「性暴力」をしても、裁判所は「代価を払ったから、これは性暴力ではなく性売買」と判断する風潮もあります(前に、13歳の女の子が「性売買」判決になったエントリーもありました)。






昔は、そういう店で女性を無理矢理ものにしようとすると、「怖いお兄さんたち」に怒られるという認識がありました。





しかし、最近は売春を違法とした法律のせいもあって、その「怖い人たち」、韓国では俗に「組織暴力団」とも言いますが、彼らも身を隠すようになりました。



店の女性たちを、表面的には「雇用」としていないので、もし何か問題が発生しても店主(または絡んでいる組織暴力団)は一切かかわろうとしません。





余談ですが、一時は売春街として盛んでいた某所の女性が、ある番組で「高校生たちの玩具にされる」、「昔はオパ(お兄さん)たちがいたから、こんなこと想像も出来なかった」と嘆くのを聞いたことがあります。



それも、ある意味では「同じ流れ」でしょうか。








以下↓続きはブログで読んでください。


http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12174211024.html




これがかの国の常識なんですね。
どうりで警察の動きがまどろっこしいと思いました。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by