しばらくブログをお休みします。ごめんなさいね|ω・`)




↓追記はいつもどおり、時事ネタの気になるツイたちです。




















































悪意を持って日本に外国の遺伝子を残そうと虚偽の経歴で登録をしてる事もあるようです。





















































































頼むから自衛隊員の活動への罵倒、邪魔、睡眠阻止の攻撃はやめてほしい。


















































ほらこれだ


















智弁学園は故藤田照清初代理事長の「日本が韓国を支配した35年を贖罪する」という信念により、去る1975年から毎年、訪韓修学旅行を実施している。










































倭人(ウェノム)は侮蔑語

























































































ドラマでは金印出てくるけどね・・











へえ~



























































































































































































例の、報道の自由度ねw










この番組の記事選択は、ほぼゲンダイ、朝日、毎日。

だって、普通に生きてたら新聞に乗ってる
国境なき記者団の正体疑わないよね・・真に受ける。



















TBS











































































































































































































































































































































































































全然関係ないんだけど
ウィーン少年合唱団がテレビに出るっていうからつけてたら
2~3人、日本人の男の子?がいて・・
ええッ?ウィーンなのに???
と、ちょっと損した気分になった私は
差別主義者でしょうか・・





子供は入りたくて入ったって言ってて
純粋だからね・・はい、もちろん悪くはないんだけど。




子供の時、近所にきてて
生で見たんだよね・・・

全員金髪で歌声もすっごい美しくて
子供心に感動した。


これからはそういうの、少なくなっていくのかもね。

ノルウェー人、ドイツ人ですったってアラブ的な人だったり。

エジプト人ですって、アジア的、またはアングロサクソン的な人が
出てきてもモヤるだろうし^^;



義理の妹が
小学校の先生なんだけど

一時、移民、外国人の多い地域の小学校で
教鞭をとってたことがあって
外国人のかたは、とにかく兄弟が多いからか
学校に登校させる、とか宿題をやる、とか基本的な子供のしつけ?が出来ない事が多いらしく
授業、指導が成り立たない恐れがあって
家庭訪問しても普通に居留守。連絡つかず。

学校にこないじゃ話にならないよね・・
日本国籍だけとって
その子、将来、どうなるのよ???

なんていうか・・

移民ドンドン政策は・・・日本にそぐわない気がする。






うちの近所も、ここ数年で外国人経営の中華料理屋ばっかりになってしまった。。。
まわりには中国人の子供多い。
町内会のつきあいなんてもちろんない。



どうなるんでしょうね~日本。

斜陽の国であることは間違いない。

技術と誇りだけは・・と願うところです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by